雨の日に使いやすいバッグについて

雨の日は足元も悪く、買い物に行くにも傘を差すのに手もふさがり、いろいろと不便を感じるものです。
そんな日に持ちやすいバッグとして、やはり両手があくと便利です。
背中に背負えるリュックサックや、肩から斜めに掛けられる斜め掛けバッグであれば、両手を自由に使うことができます。
地面も濡れて滑りやすくなっており子供やお年寄りは転倒しやすくなっていますが、両手があいていれば手をつくことができて怪我を負うリスクも低くなります。
リュックや斜め掛けのタイプであれば、傘を差しながらも荷物を持ちやすいでしょう。
また雨の日に使いやすいバッグは、濡れても良い素材のものであれば安心です。
例えばビニル素材のものであれば、防水加工されているので雨をはねのけてくれます。
袋の中身まで雨が浸透する心配もなく、シワが寄る心配もありません。
またポケットが多いものも、すぐにタオルやハンカチ、携帯なども取り出しやすく、使いやすいでしょう。

雨の日のバッグの使用に関する心得とお手入れについて

バッグは実用品として用いられる他にファッションアイテムとしての側面も持っていることから、様々な場面で使用されます。
その一方で使用する状況によってはバッグの品質に影響が及ぶこともあるので、日頃からメンテナンスに気を配ることが大切です。
特に雨の日のように湿気が多く、水濡れが生じやすい状況においては取り扱いには細心の注意を払う必要があります。
材質によってはシミやカビなどのトラブルが生じてしまうこともあるので、予め防水コーティングを施すなどの工夫が大切です。
また、複数のバッグを所有して気候によって使い分けるのも品質を良好に保ち続ける効果があります。
雨の日は水濡れによる弊害が生じやすいので、持ち歩く際には付着した水滴を速やかに拭き取るように心がけます。
生地が雨水を吸い込んだ場合は表面の汚れを拭い取り、カビなどが発生しないように陰干しして水分を蒸発させます。
生地や持ち手の結合部分を傷めないように形を整え、暗所に保管することが変色や劣化の予防に繋がります。

Favorite

オリジナルの手帳型ケースを作るなら

最終更新日:2017/7/19